今時ブログなども書いていない経営者は正直微妙だと思った件

  

今日は、午前中の早い時間に、同業(といっても大分違うが)の会社から電話があった。

何かというと、

「良かったら一緒にやりませんか」

みたいな、とこ。

要は、買収とか、営業譲渡とか、そんな感じのやつですよ。

ほんで、自分は、そこに勤めるみたいなスタイルもあるそうです。

あと、嫌になったら、やめて、契約ごと持っていってもOKという契約らしいです。

まあ、額面通り受け取ればの話ではあるが。

 

それで、一度お会いして話できませんか?みたいなこと案の定言われたんだが、自分は別に然程興味をもっていないし、面倒なので、それはNOと断った。しかも、会うのって非効率なんですよね。

なので、それは、最終段階とかで十分という考え。

なので、はじめの段階では、資料的なものを、メールとかで送ってもらって、目を通してみる、という辺りからが効率的と考えています。読み物なら、自分の都合のいいタイミングで、自分のペースで、興味を持ったところを中心に効率的に読めるから。

なので、そう伝えたら、それは無理ということでした。

であれば、ご縁がなかったことでと、終了となったのでした。

繰り返すが、別に、こっちが積極的に興味を持っているものではないので。別にいいです笑

 

で、ちょっと聞きました。だって、そんな都合のいい話って怪しすぎるじゃないですか、何かあるだろうと。

世の中そういう場合大抵嘘がありますから。騙しが。

だからね、そこの社長は、ブログとか書いてないのか聞いたの。SNSでもいいけど、ある程度の頻度でアップしているのなら。

何故かと言うと、毎日の様に、書いてると、地が出るんですよ人間。

 

大事なことは、その人を信用できるかどうなのか。オーナー社長だそうですし。

信用出来ないのであれば、いろいろ説明受けても意味は無いんです。だって、ウソばっかりかもしれないわけですから。

弁護士入れて、キッチリ間違いないように契約するようにしてもいいんだけど、そこまでしなけりゃ行けないような感じなら、初めから面倒くさすぎ。いずれにしても、非常に重要なところなので、弁護士は入れたほうがいいようには思うが。

 

で、聞いたら、書いてないってことで、話は終了となったのでした。

思わず、

「ダメだね」

と言ってしまいました。

 

やっぱり、自己紹介ツールとして、必要なんだろうなぁ、今時は。絶対ではないにせよ、あった方が何かと便利だし、こういうような場合もスムーズにことが進むと思います。

あと、思ったのは、こういう、メールで資料送って貰えれば、適当に目通してみるよ、と言った場合に、それができないってケースは、この業界多いの。

そういう形ではちょっと、みたいな。

なんでなんで?

単に、そういう習慣がないだけ?

だったら、さっさとやればいいと思うんだけど。

お互いにとっていいことだらけ。

ゴミが出ないし。

送るのも簡単、早い、費用がかからない。

何も、郵便屋をわざわざ儲けさせる必要はないのであります。

あるいは、ワザワザ持っていく手間暇も不要に。

普通にいいことしかない。

 

何かネットで拡散されるとかを恐れているのだろうか。

なこと言ったら、紙のだって、スキャナとか、スマホのカメラとかで、デジタル化されて、拡散ってことはあり得るので、同じこと。

だから、どっち道同じだから、早いとこメールで送信に対応した方がいいよ。

 

ていうか、資料印刷する場合、デジタルのファイルからなんだろうから、それPDFに変換するなりして、送ればいいだけなんだけどね……。

意味不明。

まあ、PDFよりも、メールに書いてあったほうが見易いけど……。便所のときに、スマホとかで見る分にも見易いし、と。

 

というわけで、自分はそういう感じなので、何か御用の際は、いきなり会って、何かを説明したいとか言われても、基本NOなので。資料メールでとかなら見るかもしれません。

それと、ブログとか書いてる人のほうが、いいです。どんな人か判断しやすいので。

 

今の時代ならではな感じだなぁ……。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。