自動ブレーキ搭載車が今度保険料下がる模様の件について

  

今日はこちら取り上げます。

損害保険各社、自動ブレーキ搭載車の保険料を引き下げへ – エキサイトニュース

前から言われていた通り、自動ブレーキ搭載車の保険料に関するもの。

2018年だから再来年1月以降といことです。

9%ね。

で、これは保険会社が引き下げると言ったのではない点は注意が必要。

ちょっとマニアックなところがある記事だね。

引き下げるのは、所謂損害保険のリスク評価団体が、評価の数字を下げるって話。

で、むかーしは、そこ(というか前身のとこ)が「決定」をしていたらしいが、今はあくまでも参考の数値であって、特に損保各社はそれに拘束まではされないってことになっています。

従って、あとは、各社の判断となるわけです。

記事見ると、参考純率って書いてあるでしょ。

そう、まさしく、「参考」の数字なのであります。

日本語ってよく出来てるね。細かくて個人的にはやだけど……。

 

なので、各社の対応はどうなるのだろうか……。

多分、似たような感じになるんではないかと思われるが、しかし、多少は各社違うのではないかと。

 

で、あと、以前見た記事で、たった1割程度か。。。みたいに言っていた人がいた。

これについては確かに思うところはあるだろうと。

で、いいたいのは、いずれ実態が反映されるからってこと。

特に標準装備であれば、その車種は反映しやすい。

 

というのは、軽は今のところ違うけど、普通、乗用車は、その車(型式)ごとに保険料が設定されるわけで。

で、もっと言えば、

・対人(相手)

・対物(相手)

・車両(自分の方)

・傷害(自分の方)

という4項目で、それぞれに支払い具合に応じて、数値で設定されるようになっている。

なので、自動ブレーキ標準搭載車であれば、もろに数字に反映するはずだから。実態が。

なので、まあ、そういうの気にする人は、標準搭載車に乗るといいのではないかと。標準搭載車ってあるのか不明だけど……。あるよね……笑

 

で、最後に自動ブレーキについて一言申し上げますと、率直に

いいと思います。

かなり。

先日もちょっと某日産のカタログが送られてきたので、見ていたらやっぱり、自動ブレーキについて大きく出ていた。

で、詳細見たら、相当いいと思ったもの。

バックでも反応するのか不明だけど、ほんと追突、逆突(バックのやつ)は多いから。うっかり事故ね。

駐車場内。信号待ち時。赤信号で止まる時。

かなり多い。

それらが無くなるだけで、地域の安全性は高まること間違い無しだし、事故らなければ大幅に保険料が上がることも防げる。

今、上がり方がすごいからね。

以前だと、等級の云々だったけど、もうそんなの関係ないってぐらいに、使うと、一定期間がーーん、という感じだから。

ちょこっと値上がりするときみたいなレベルとは全く……。

 

というわけで、今日はこの辺で。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。