NHKの放送がついにログイン制になってメデタシメデタシでスッキリか!?

  

どうも。今日は、NHKです。

何かと言うと、何年後かにテレビの放送をネットでもやるようになるって件について、NHKもその方向ってことで、それについての話。

受信料不払いならネット視聴不可 同時配信でNHK方針:朝日新聞デジタル

要するにだ、NHKのネット放送はパスワードでもってログインする仕組みを予定しているみたいで、従って、NHKと受信契約していない人は、パスワード無いから見れないって話。

かなり普通な感じになりますねぇ。

今だってそういう仕組なら納得感高いんですが。

あんな、法律がどうたら言わずに、そういう仕組入れればいいのにと、思うわけです。

そしたらスッキリする。

 

で、思ったことを。

ということはですよ、つまり、ネットでのみテレビの放送を視聴できる環境しか無ければ、これまでのような、放送法64条1項に定める、見る見ないにかかわらず、受信機を設置した時点。つまり受信環境が整っている場合は、その設置者は契約をしなければならないっていうのが関係なくなり、仮に、NHKが来ても、

「うちネットでしか見ないんで」

ということで終わるって話です。

これまでに待ちわびた仕組みがようやく入ってくるのです。

まあ、ネット使う人前提にはなりますが、今時大抵はね……。

 

あと、細かいことを言えば、いっそ地デジのアンテナなんかも取ってしまったほうがスムーズでしょうけど。じゃなければ、テレビのチューナーが入っていないような、ディスプレイで見るとか。そこまでやってれば、もしも来てもスムーズでしょうな。

じゃないと、受信環境があるってことで従来通りの流れになるのだろうと思われます。

自分はテレビを所有していないので、受信機の設置者にはあたりませんから、少なくとも契約締結義務者ではないので、どの道関係はないのですが、地デジのアンテナは付いてるので、いっそ外してしまったほうがスッキリはしそうです。何かと。あれ、キレイに外せるのかな……。

ということで、あと2年ちょっとぐらいすると、その時期がやってくると思いますよ笑

 

おまけ

せっかくなんでもう一言言っておこうと思います。

そもそも法律で云々ってのは解りますし、法律は選挙で選ばれた国会議員が国会でってのも解ります。なので、法改正してちゃんと納得感のある制度にすればいい話ではあるんですが、しかし、言いたいこととしては、要件みたした場合は契約は強制(要件にも問題あるけど)。

で、受信料は一方的に決める、みたいなのではなんかね。納得感がない。

そこも一応総務省がOK出す仕組みにはなっているのかもだが、なんかそれでも納得感ないよね。

総務省のトップは総務大臣だから、間接的には国民が関与している形ではあるが。

でも、敢えて言えば、

高すぎないか?

受信料。

今ちょっと見てきたらね、地上波だけでも、月にすると千円超えるんだわ。

千何百円の価値感じられる?

自分は無いね。

Amazonのプライムビデオ。

それだけの値段じゃないけど、年間3,900円よ。

他に、音楽聴き放題、本一冊無料(月に)、お急ぎ便とかいろいろ付いての値段だけど。他にもいろいろセール特典とかあるし。クラウドストレージとか。

それでたったの、300円ちょっと。月にすると。

で、NHKは千数百円。

これ、明らかに妥当性欠いてないか?

公序良俗違反じゃないか?

 

いや、普通はね、契約するかどうかの自由が双方に担保されているから、値決めの自由ってことで、「嫌ならアレなんで……利用したい人だけ申し込んでください」という論理が通用する。

それが、強制で値段もクソ高いってどうなの?と。

じゃあいくらなら?と聞かれたら、自分なら、50円とか100円のレベルだね。だって別に見たくないもん笑

しかし、見たい人でも、今の値段が妥当って考える人ってそんなにいないんじゃないかと。

Netflixだって、たしか500円位のプランからあった気が。

なので、やってられないし、そもそもテレビ見ないので、所有しないようにして、NHKと契約しなくていいようにしている次第です笑

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。