今、流行り(?)の就業不能保険について考えてみた

   2016/12/19 

今日は就業不能保険について。

最近、こういう記事を見つけましてね。

「就業不能保険」とは、どのような保険なのか | 生命保険との正しい付き合い方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今、割りと流行ってんですかね、こういう就業不能保険みたいなの。

はじめは、ライフネットのイメージでしたが、この頃は各社出してきているイメージなので、きっとそれなりに需要があるんでしょうね。

で、記事では、一定の価値は認めつつ、しかし、実際の加入にまでは至っていない、という話でした。やはり、仕組み的なものを考えると、消極的になってしまうみたいです。

記事を書いた後田さんの表現で言えば、ATM機ということでした。

毎月せっせとATM機にお金を入金して、で、安くない手数料を毎回取られる、と。

なので、要は、タダぐらいの手数料ならまた感覚的には変わってくるんでしょうけどね……。

 

そもそも保険の性質というのは、「損な賭け」という性質が極めて強いですから、氏が仰ることは最もなわけです。

なので、自分も出来るだけ加入は控えるよう助言する立場です。合理的にやりたい場合はね。

なので、どういう前提かでアドバイスは大分変わるわけではありますが……。

 

やはり、自分的に言って、美味しいものを食べたときのような、面白い体験をした時のような、そういう楽しい類のものではどうしてもないので、やっぱりあまり入りたいものではないですよね。

投資という観点で考えても、分が悪いものですから、ならば、他のものに投資した方が、となってしまいますし。

 

あ、そうそう、冒頭紹介した記事についてですが、あれは、特に、傷病手当がないような、個人事業者などの「国保加入者」に特に価値を見出しやすいって話でした。

そうですよね。傷病手当あれば、1年半くらいは、補償ありますからね。収入の2/3くらいの額は。

2/3あればね。大分あるよね。

なので、逆に言うと、もしもの事態になって収入が途絶えたら……、みたいなこと考えて心配をするって人はいると思うんだけど、そもそもその収入が丸々ないと暮らしていけないのか?という辺りが大きなポイントとなります。

もしも、そうなんだったら、結構いろいろと考えるに値するテーマかもしれませんね。

いろいろな意味で。

しかし、そうじゃない場合はいかがでしょう。

その必要額が少なければ少ないほど、真面目に考える必要性が無くなる、というわけです。

自分的には、そういう感じが望ましいと思っています。シンプルだし。

わざわざ、手数料払って、せっせとATM機に入金する必要なし。

イメージ的には、結構生保会社の取り分は多いので、闇金とまでは言わないまでも、結構利息の高い街金とかのイメージでしょうか。

 

そう言われると、そこまでして、そこの世話になるってことが、どれだけ合理的じゃないことなのか解ってくるのではないだろうか。

 

んーーー、だからね、レバレッジを不必要に掛けずに、身の丈にあった暮らしをするようにしている分には、あんまり、こういう保険とかの心配って必要ないんだよね。

むしろ、そういうのが、大抵の場合理想というか、人生を安定的に楽しく暮らしていけるためのコツでしょうな。

なので、もう少し判りやすく言うと、車のローンも家のローンも出来るだけ組まない。

家のローンは、地方と都会でもまた事情は違うが、地方なら、ある程度理解は出来る。賃貸事情とか違うんでね。

で、その場合はやっぱり、出来るだけ、月の払いを小さくする。

できるだけ、月の固定費を低くする。

 

そしたら、何かあっても困らないから。ほとんど。

 

以上、自分が考える、いい人生のやり方でした。

こういう風にしておくと、あらゆるリスクから開放されるんだよ。

もうホント少しあれば、みたいなのなら、失業リスクも大して怖くないし。無理にやりたくない仕事もやる必要がない。

面白いかどうかで選んで大丈夫。

給料安くても、暮らして行けるわけだから。

しかも、そういう基準で選んでいくと、良い循環が出来やすいし。毎日楽しめるさ。

保険みたいなつまんないものに、あんまり金を使わずに済むし。

 

あ、ちなみ自分は生保ほとんどやめました。ちょびっとだけ残ってるだけ。

凄く爽快な気分です。

そういうものにお金を使うのが余程ストレスだったんだろうな……。

なので、自分に生保の相談をする場合、相談の前提にもよるけど、「最低限で合理的に」というオーダーだった場合、かなり、入らない方向でばかり検討することとなるでしょう。

 

ほんとね、会社員と個人事業者でも多少違うけど、この国の社会保障はかなりのものですよ。もうほんと。

そういうの知らないと、どうしても、コスト高になりがちなんだよね。情報弱者はなんたらみたいなやつね。

保険にしてもそうだし、お金の貯蓄にしても、知らない人は、銀行に預けるしね。あんなタダみたいな条件で。いろいろ知っている人は、そんなとこにほとんど預けないからね。

有料のサービスやなんかでもそうだけど。なんでもかんでも頼むと楽ではあるが、金ばかりかかってしょうがない。

食事ですらそうね。

大して美味くもないものを、高い値段で食べなければいけなかったり……。待たされたり。待ってるうちにちゃちゃっと自分で作った方が早いみたいに思うこともしばしば。

料理のノウハウはネットでいくらでもいいのが見れますよ、と。

 

これからの時代、楽しく暮らしていけるかどうかは、こういう辺りがポイントになるんだろうな……。収入はみんな薄く広くみたいになると思われますし。

 

ではでは、良い週末を。

来年は野菜でも作ってみよーかな笑

収入ゼロでも暮らしていけるようになりたいな笑

さすがに極端だけど。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。