いやー税務署って面白いところですね笑

  

昨日、電話が来ましてね。ま、どうでもいいことなんですが。

ということで、どうでもいいこと。

何かというと、昨年末の年末調整の関係で、税金を返してもらう手続きをしていたんですが、それを送付する時期について、少々と、追加の資料提出についての連絡でありました。

前回は、スムーズだったんだが、何かが違かったのか、担当者が違うからなのか不明。

 

で、その追加の提出書類は、別に署名とか必要なものではないので、FAXでもメールでも郵送でも、特に変わらない紙ッペらです。

なので、面倒くさい+郵送コスト等々が嫌なので、メールとか最悪FAXで送れればと考えていたら、どちらも✕でした。

理由としては、一般向けにそういう環境が用意されていないから、ということ。

マジか!?

多少想定はしていたが、環境すらないとは。

もちろん、内部用にはあるということだったが……。

が、しかし、一般向けに用意されていたとしても、今回の提出自体が、FAX等ではNOだとしたら、どの道同じことではあるが……。

 

しかし、今時は時代も変わってか、ご丁寧ですね。態度や言葉遣いが。若い職員だから余計にそうなんでしょうが。

あ、余談ですが、前に電話相談センターに電話したら、受話器置く前に、ベラベラと同僚と自分との件について、皮肉(?)ではないですが、こちらに聴こえない方がいいようなことを喋っているのが聞こえてきたことがありました。まだ、繋がってるよ笑、しかも音拾ってるよ!!みたいな笑

で話を戻しますと、丁寧ゆえに回りくどい。

提出は任意のようなニュアンスで言うのだが、要するにハッキリ言わないために、大分時間を食ってしまった。なので、最終的には、ハッキリとこちらから問いました。

判明したのは、任意だけど、出さないと手続きが完了できないから、税金を返せない、という結論に。

でも、強制ではないので……。と彼は言う。

が、しかし、それはあくまで、税金を返して貰わなくてもいい場合。

なので、返して欲しい前提なら、実際避けては通れない道であり、従って「強制」ってことに他ならないって話です。

言い方は悪いですが……、とか言ってましたが……。言い方は悪くないですね。

丁寧なのと、ハッキリ言わないのは違いますからね。

言うべき点は、ハッキリ言わないと伝わらないです。なので、最終的には、こちらからハッキリ言わせる形となり、どの道そうなったと。

だから、返してもらいたいから、しょうがなく郵送いたしました。しかも、「強制」の意味合いがやや違うってこともありましたね。前提により違うってことと、法律上の義務かどうか。つまり、手続きに必要な書類かどうかと、その手続自体が強制かどうかっていうね。ちょっとややこしいな。確定申告のようなものと、それをやりたい場合は必要なもの、という性質の違いね。はい。

これが一つ目。

 

もう一つは、そのそもそもの、税金を還付してもらうための書類の送付時期についてだった。

これも、前は言われなかったようにも……。

えーと、言われたのは、これも任意なんですが、その割に長かったから、指摘しておいたんだけど。

うちの給料の支払日が、25日なんですよ。なので、年末調整の確定日もその日っていうのよ、彼は。なのに、その日よりも前に、税金の還付のための書類が税務署に届いたってことで、それはちょっとおかしいので、次回からは……と、25日以降に送って貰えればと……という話でした。

で、その点についても、「そんなに重要な点?」とか「いや、早めに届いたら、それは(予定)ってことで、日日がきたら、確定って話でしょ!」っても言ったが、それでも大分拘っているようだった。というか、予定っていうか、未実施だけど確定って話で、どうなるかは決定しているって話でしか無いような……。

そんなに重要ですかね。

でもいまいち説得力にかけるんだよな。

支払日ってのは、実行することになっている日。

で、理論上は、締め日にその支払い額が確定する。つまり支払い義務も確定、発生する。ただ、履行期日が25日ってだけ。もらう方にしてみれば権利だが。

なので、その考え方で考えたとしても、25日よりも前に書類をだしても変なことは無いように思うんだが……。あ、ちなみに締め日は15日です。

加えて、それはそもそも、会社と働いている人間との契約関係の問題で、税務署に対しては、然程関係ないとも思う。

税務署に対して、重要なことは、出した書類の内容が間違いない内容であること、だろう。

じゃあ、24日に届いても文句あるのかな。

何が違うの?

それに普通前もって準備しているでしょ。その彼も言っていたが……。

じゃあ、別に……としか思わないんだが。

なので思わず言ったんだよ。

「というか、そんなに重要???そこのところ。今こうやって、時間かけてこの件について喋っていることのほうが、問題というか勿体無いし無駄なんじゃない?」

と。

「自分もあなたも、この瞬間、チャンリン、チャンリン、チャンリン、チャンリンと金がかかっているのよ。そしたら、もう少し違うことに時間使ったらいいのでは???」

と。

でも、拘ってたな。任意という割には……。

なので、あんまり拘るんで、更に、

「お願いという言葉を使っても、そんなに言ったら、任意性を損ない、実態としては強制になってしまうよ笑」

「したら、義務がないものを人に強制したらそれは罪になるよ(強要罪)」

と言ったら、なんか謝ってたけど笑

で、あくまでお願い(任意)なら、もっとさらっと言わないと、って言ったら、最後にまとめと称して、さらっと言っていましたとさ。

 

長くなってしまった……。

思ったんだけど、彼自身に対しては、そんなに思うところもない。多分真面目に仕事してるだけなんだと思う。

ただ、効率とか合理性とかそういうのを追求する必然性みたいなのが無いジャンルのところってやっぱり、こうなっちゃうんだろーな、とは改めて思った。

だってこんなのゴキブリ退治的なやつで、次から次から、きりがないじゃない。しかも、強制権限みたいなのも罰則もないなら、尚更はかどらない。

したら、結局は、ま、いーかみたいな流れになっていかざるをえないというか、実際無理でしょ。義務はないわけだから。あんまり言ってると罪になるし。

したら、その辺りを考え、役所としても、その辺は適当にして、違うことにせいを出せばいいと思うし、普通必然的にそうなっていくんだと思うんだが……。

手間の無駄でしょ。

繰り返すが任意なわけだし。

ほんと、不思議なとこだわ。。。。。しかも、その人にも言ったが、そんなに言ったら、任意なら逆効果じゃない!?と。それが人というもの。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。