「LINEのおサイフ」着々と普及、LINE Payユーザーが1000万人突破。還元率2%で話題に

  

「LINEのおサイフ」着々と普及、LINE Payユーザーが1000万人突破。還元率2%で話題に

たしか、昨年の5月頃から使い始めたと思われるので、間もなく、1年を迎える。もう少しあるけど。

と思ったら、履歴見たら、4月の初め頃だった……。あんま変わんないけど。

なので、なにしろそんな感じ。

 

で、感想を。

とてもいいです。

これまでにも言ってきた気がするが、JCBが使えるところではオンラインでも実店舗でも基本使えるので、なので、使えるところが実に多い。

だから、使えないのは、主に小さめの飲食店とか。

現金をほぼ持たなくなった。

持って、500円とか千円くらい……。

だから、先週末は家族が出かけていて、犬と二人だけだったんだけど、今年初の釣りにちょこっと行って、帰りになんか食って帰ろうかと思ったが、何しろ、現金は600円ぐらいしか入っていなくて、「うーーーーーん」と少し唸った結果、結局コンビニで、LINEPayカードで決済。

600円有れば、現金の店でも何かは食えると思うが、そこまでする気がなかったのもあり、やめてしまった。加えて、カードOKの店も場所的に行く気になるところがなく、という感じ。

実は、しばらくぶりですき家にでも行こうかとも考えていた。しかし、場所がわざわざ感がありまくりの関係。あと、どうせいくなら、思う存分楽しむ所存だったので、トッピングしまくって、肉足しまくって、ドリンクなんか頼んで、他にもオプションメニューとか頼みまくってると、600円では無理だろうな、と思った経緯が。

つまり、その楽しみ方をやってみて思うのは、あそこは、決して特別安い店ではない、ということ。単に、バラバラ単品で販売しているだけ、という。どこかの、なんとかセットや、なんとか御膳みたいに、しかもボリュームもそこそこ満点にしようものなら、結果、千円とか1,500円位にはなるんだよね。

じゃあ、同じじゃんみたいな。そんな安い値段でだすったって限界ってもんがあるよね。当たり前だけど。人間がやってる店なんだから、と。

ならば、そういう頼み方をするのなら、お得感が欲しければ、他行ってランチでも食った方が◯、ということ。

 

話が脱線。

なので、LINEPayの話に戻すと、とても便利で、ずっと使い続けている、という話。

あとは、ポイント還元率が、いつまで続くのか知らないが異常に高し。

カードで払えば、全部2%つくからね。

馬鹿にならない。

あっと言う間に貯まっていく。

 

この前見たら、11,000ポイント貯まっていたので、家族で飯食いに行ったりしたもの。1ポイント=1円です。

 

ただ、一つ。

最近では、ローソンなんかだと、スマホの画面バーコード、ピで、払えるようにもなった。

が、その場合は、ポイント付きませんと。

 

そしたら、そんな手間は変わんないから、カードで払ったほうが。そうしないと、2%を捨てることになる。

自分は、ポイントとか結構面倒な方なんだけど、カードで払えば付くような楽なのは別に苦でも何でもないのでそうする。

 

というわけで、とても便利なんで、今年も使い続けると思います。もし、スマホ画面でも、ポイント付くようになった場合は、カードは使わなくなるかもしれなしけど。でも、画面にバーコード出す手間を考えるとカードのほうが結局利便性高いんじゃないか?

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。