鍋にきのこを入れるのにハマり中。しかし、入れ方がちょっと普通じゃない

  

鍋にきのこをを入れるのにハマり中。

ま、普通に鍋にきのこって入れるよな、と一見思うだろうが、そこにはワン工程入れることで、劇的に美味くなる。

特にえのきの歯ごたえがとてもいい。

 

適当なダシスープで、鶏肉とか煮込んどいたところに、ガッツリときのこを入れるわけだが、生では入れない。

 

何をするか。

10秒だけ別な鍋で、茹でます。

10秒だけ。

10秒経ったら湯切りをして、あとは、鍋へ。

で、直ぐ食べる。

 

このテクニック(?)は、こちらの本から、参考にさせてもらいました。

本には、鍋のレシピがもう少し具体的だが、いろいろ試してみた結果、自分は、特に、きのこのこの「10秒茹でて使う」という部分がとても良かったので、あとは、味付けとか、他の具とかは、適当に好きなの入れてます。肉も鶏ももがとてもいいですが、豚とか牛でも別に美味かったです。なので、多分魚でもなんでもいけるんだと思います。この前なんかヤミのようになっていたもんな……。

というわけで、鍋に入れるきのこは10秒茹でてから投入してみてください。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。