「ここになければありません」 スーパーの応対めぐりプチ炎上

  

「ここになければありません」 スーパーの応対めぐりプチ炎上 : J-CAST会社ウォッチ

こんなのがニュースになっちゃうあたりが、今の時代というか状況を反映している気がする。それだけ平和で大したニュースが無いということだろう。

まあ、たしかに、なんだろう、気持ちは解らなくはない。

が、しかし、それは相手の勝手、というところ。つまり、店側としては必ずしも本意ではないかもしれないが、要するに、違法ではないわけで、どうしても法治国家なので最終的にはそういう基準で考えざるを得ないのだが、当然犯罪でもなく、不法行為(民法709条)でもないとくりゃ、あとは好みの問題。

そして、そこの店を利用しない自由も担保されているわけなので。というか、その程度のことでいちいち法律だの、利用しない自由だのと論じること自体が、しょうもない感じだが……。

 

なんかこの手のその態度はどうなの?的な話題って増えてきている気がする。もう少し逆の側の気持ちを想像して見るぐらいの余裕があって良い気もするが、という感じ。

なんか、人として、店の人間として、客に対して、こうあるべき、どうなの?論みたいなのの思い込みが激しい人がチョクチョクいるんだよな。

自分が働いている環境で、雇い主側から求められるものと、実際に客が店に要求できる権利あるいは、店側の義務をごちゃまぜに考えていそうな節が。

 

基本的には、こういうのは店側の任意のものだからね。

だから、もっと丁寧な対応を求める立場にはないんだよね。あるとすれば要望を申し上げるぐらい。言える人は、上司とか、役員、株主とかそういうあたりです。

もう少し権利(法的な)とかで考えるようにすれば、解ると思うんだが……。じゃないと、単なる好き嫌いの好み、感情論。勝手に言いたいこと言っている人、みたいになるだけだから。

 

というわけで、こういうケースでは、そういう店で良ければ利用するようにすればいい。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。