豚の天ぷらも試してみた結果……素晴らしい、楽だし

  

以前に豚の竜田揚げについては既に記事にしているが、今度は天ぷら。

なぜ天ぷらを試したのかと言えば、楽そうだったから。

というのは、竜田は竜田でかなりお気に入りな仕上がりだったので、今後もちょいちょいやると思うが、工程が自分的には、やや多めで、面倒感があったと。

具体的には、

1 下味にから揚げ粉を使用、

2 からの、片栗粉を付け、

3 揚げる、

という、3工程からなる。

 

これをもう少し楽にできないか、と考えたわけだ。

から揚げ粉ではなく、普通にしょうがや調味料を使うってのもありだが、それでは結局として根本的な解決にはならない。相変わらず工程多め、という具合。

なので、下味をやめて、適当になんか好きなやつかけて食べる、とんかつ的な方式に切り替えることを検討。というか、そんなに実際はダラダラ考えてないけど……。

なので、単に片栗粉つけて、パリパリに揚げて、ソースでもポン酢でも好きなやつかけて食えばいいかと思い、直前まではその気だった。

しかしながら、竹輪を買っておいたことを思い出し、それは天ぷらにしようと思った、と。直前に。

そしたら、じゃー豚肉も天ぷらでいいか、となったという経緯。

それも、とんかつ用の分厚い肉。

結論で言えば、大成功でした。

全く違和感なし。サクサクと、オーザックのような食感に柔らかい肉、と言う感じ。

天ぷらというよりフリッターという感じの仕上がりだった。

率直に美味いよ。家族からも好評を得た。

 

で、やり方は、肉は予め、日本酒をぶっかけて放置。

天ぷらの衣は、水と酒を半々位入れて、硬さは、ヨーグルトぐらい。粉は天ぷら粉を使用。

油は180度ぐらい。なので、普通ぐらいだね。

天ぷら鍋の直ぐ上で一旦上げて、少し冷まして、また入れるというようにして、2度揚げを行いました。

 

この衣に酒を入れるのは、この本を参考にしました。全く同じやり方ではないけど。

本だと、たしか薄力粉に、焼酎を入れるんだけど、前やったときに、天ぷら粉に焼酎を入れたら、結構焼酎両必要だったのよ。しかも、香りがこすぎる感じもあって。なので、料理用に置いてある日本酒でやってみたり、水も入れてみたりとやったりしたら、今の日本酒と水に落ち着いてきたというわけ。

しかも、天ぷら粉なら、カラッと揚がりやすくなってるし。たしか、薄力粉+日本酒でもやったけど、全く問題なしだった。その時、日本酒だけでもやった気がするし、水もいれてもやった気がする……。

 

というわけで、豚肉の天ぷらもおすすめ。

鶏天ってのは、聞くけど、豚は聞かないのはなぜなのだろうか……。

トンカツよりも楽に作れるのにね……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。