パナソニック:住宅用蓄電池に商機-19年からの買い取り期間終了で

  

パナソニック:住宅用蓄電池に商機-19年からの買い取り期間終了で – Bloomberg

ふむふむ、もうそんな時期なんだね。

自分ちのも段々何年かすると終了になる。そうすると、今よりは、売電収入が減る。消費している分については、発電パフォーマンスがそう違わなければ、変わらないだろうけど。収入の方は、ザックリ半分ぐらい。その分は、光熱費負担が増える予定。

 

で、記事によれば、それにより、蓄電池の需要が盛り上がってくるのでは?ということだった。

そのことについて、率直に思ったことを。

え!?そうなの???

という感じ。

だって、そうなったら、消費しても売っても同じぐらいになる予定なので、別に蓄える必要ないと考えていたよ。

電気料金は段階的なので、一位率じゃないけど、大体そんな感じ。

 

ただ、オール電化じゃない人は、どうだろう。

普通日中、オール電化の家より安いよな……。したら売ったほうが。謎。

しかも、オール電化が前提ではないんだっけ?

細かいこと不明だが、いずれにしても、蓄電池の需要って、今時点盛り上がりそうにないけど。

 

深夜の電気を充電して日中使う。で、発電したのは売る、というのであれば判るが。それなら、高く買ってもらえる期間が終了する前でもそうだよな……。

記事を見るとたしかに、売るよりも使ったほうがと考える人が……とある。

まあ、確かに量使う家では、売電価格よりも超えてくる単価のゾーンがあると承知をしているが、それでも、そんなわざわざ蓄電池買うほどかね。

すごく面倒臭くなりそうだし。

面倒くさいのはたくさん……。

なので、かなり安い場合に検討しようかと。

でも、家庭用蓄電池ってそんなにまだ普及していないから、おそらく検討には値しないと思われる。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。