特に根拠もなく断定的に言ってくる言葉の軽い業者は無責任で信用できない

  

これね、たまにいるのよね。特に年輩の方とか。

マジで腹立たしい。聞いているだけで不快感が半端ない。

思えば、3.11のときもあった。

あのときは、親戚の建築業者に「そんなもんでは出ないよ」と言われたので……ということで地震保険の請求はしない、というお客さんがいた。つまり、請求しないというよりも対象にならないと考えていたようだった。

そこで、おいおいおいと思い説明。

つまりだ、建築業者が地震保険の支払基準について知るはずがないってところからのスタート。というか、損害保険業界の人間ですら、実際に請求実務を経験している人間はごく一部。この頃では、多少増えたと言っても、圧倒的に経験せずに終わる人がほとんど。

だって、そんなにないもん。

なので、実際に軽度でも支払基準に達するケースは少なくないことを説明したら、請求の手続きを頼まれたのだった。

そしたら、一体どうなったか。

半損ですわwww

つまり、入ってる額の半分出るから、一千万近い額が認定されたのであった。

対象にならない、と考えていたものが、一千万だからね……。さすがに、その人も空いた口が塞がらない、じゃなくて、腰が抜けた感じだったよ。

半損=メチャクチャとか。

地震保険=住めないぐらいにメチャクチャじゃないと対象にならない、と勝手に思い込んでいる人がたまにいるが、いかに人間というのは思い込みの激し良い生き物か、ということが判る。

どこにも支払基準について、そんなことは書いていないんだが……。

 

で、それを鵜呑みにする方もする方で微妙なんだが、よくもまあそんないい加減なことが言えるなぁ、と思う。辟易するったらありゃあしない。

そんないい加減なこと根拠もなく勝手な思い込みで言って、後から間違いだったと発覚したらどうすんだ、と。

しかも、良く断定するんだよね、ああいう輩は。

酒飲んだときの酒飲み話にでも、「らしいよ」ということででも言っているのなら話は判る。が、建築のプロとして(保険のプロではないがな……)地震を持って断定的に言う。間違いない、と。これはいただけない。キチント根拠を示してるんならアレだけど。

 

いやー、つい先日もいたんだな。コンビニでたまたまばったりとあった。そんなに親しいというほどでもないが、一応知っている建築業者。その人がまたこのパターンで、いい加減なことをズラズラと。

屋根の雪が隣に落ちるのは仕方がないことだ、と。

いや、損害が出たら賠償問題になる可能性は少なくないから。数十年に一度の大雪とかなら別だが。

それを超断定的に言うわけだ。

馬鹿かと思ったね正直。

もちろん、賠償問題になる可能性があると、反論と言うか、回答したが。

建物所有者は安全に配慮する義務があることを知らしい。

もしも、自分の家の屋根の雪が落ちて、隣の家の建物や塀に損害が出れば、賠償する義務が原則的にある、ということを知らんらしい。そんなことも知らんでよくもまあ、オレはプロ中のプロだみたいな顔して、断定してくるもんだ。繰り返すが、数十年に一度の大雪とかなら別。言っているのは、通常、有り得る程度の降り方、積もり方の話。

一発で、ウンザリしたわ。絶対に仕事を頼むことはないだろう。

というか、損害賠償とかは、こちらの方が専門家なんだけど。職業知っているはずだが。おっさんだから忘れたか?なので、余計にイラッと来た。「そんなことは貴様に言われんでもこっちの方が知っとるわい」と。というか、キチンとしたコメントで、論理的に正しいことを言われたのであれば、逆に感心しただろうが。

 

というわけで、知ったか、無責任、軽口おやじみたいなのが、チョクチョクいるので、充分注意されたい。

専門外のことを知ったかぶりするのはやめた方がいい典型例だな。

ちなみに、自分は賠償保険に入っているので、もしも、賠償問題になっても、それが使えますので念のため、ということで。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。