年金は老後のためだけならず 新成人、未納は避けよう

  

年金は老後のためだけならず 新成人、未納は避けよう|マネー研究所|NIKKEI STYLE

まあ、でもとは言え、払うモチベーションが上がらない気持ちは良く判る。

毎月、たけーな、と普通に思うもの。しかも、将来どうなるのかも判らないし。そんななら払う気が起きないのも解らないでもない。

多分、自分がもらう時は、70歳からとかになっているのではないか。

あるいは、働ける人は貰えない、とか。貰えてもかなり少しとか。ただでさえ少ないのがもっと少ない的な。

 

で、思うのが、こういう年金とか健康保険って、基本的に「保険料」とはなっているが税金と同じような性質のもの。なので、そもそも払わない、というメニューは存在していない。合法的には。だから、昨今では強制執行とかのケースも有り、ニュースで度々見かける。

権力の側がやりそうなことだ。

その方が楽だから、直ぐにそういう方向に走ろうとする。

やはり、根本から、納得感のある、払いたくなるような制度にしなければ無理だろう。

 

これは、NHK受信料なんかもそうね。法律がなんだと言ってみたところで、制度や組織に信用がなければ、払わないという人は普通に出てくるからね。

 

なので、いずれの場合もそうだが、徴収方法も含め、制度の見直しが必要だろう。

最終的にはむしり取ろうとするのなら、そもそも義務的なものなら、税金にしてしまえば、スッキリするんだと思うが。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。