たった2分でわかる!投資家が一番大切にしている技術「損切り」って何だ?

  

たった2分でわかる!投資家が一番大切にしている技術「損切り」って何だ? | 三田紀房 公式サイト

こういう考え方は誰しも知っておいた方が、人生を豊かにすることに役立つ。

ただし気をつけたいのが、こういうのを見ると誤った理解をして空回りしてしまう人がいる。手段の目的化のような。

割と目につくのが、金金金金。年収年収年収年収とか。就職は、大手が一番とか。公務員が一番いいとか。

バカですか笑

で、大抵そういうこと言う人って、実際に親も含めやったことがない人。

つまり、人生を楽しく過ごしたいのか、楽しくなくても金があればいいのかなんだか良くわかんない人ね。先日も、事務所に信金の人が来たんだけど、若い子だったせいか、金金言ってたよ。で、「何か欲しいものでもあるの?」と聞いたが特には無いということだった……。まあ、そんなもの。

普通は、金が欲しいんじゃなく、毎日楽しく幸せに暮らしたいんじゃないかと思う。で、それを勘違いして、=金=公務員か大手みたいに思い込んでいるのだろう。

 

ネットの記事でも年収とかの記事をよく見かける。

しかし、その反対側には、過酷な労働や、転勤その他もろもろなどデメリットも満載。

例は違うが、日本政府の負債だけ見て、資産は見ずに大変だ!!と騒いでいる単細胞と同じ話だ。

 

幸せになりたいのなら、今時は、金金言ってないで、どうすれば、気持ちよく過ごせるのか考えたり、調べたりすべき。

なので、今回の記事は所謂「損切り」についてだったが、これを実生活に応用するとすれば、最優先順位はなんなのかハッキリさせること。記事にも出ていた、つまらない映画をダラダラみるとか。これは、本でも食べ物でもなんでもあてはまる。ただし、その人の最優先順位が、ダラダラ見ることで、それが最大の満足につながるのであれば、それでいい。ただ、普通はそうではないよね。

なので、満足度が最も高い選択を常にしていけば、毎日気持ちよくいられることになる。

記事だと、投資がテーマなので、いかに増やすか的なことが書いてあるが、要は目的次第。なので、毎日気持ちよく過ごすことが最優先なら、金よりも出来るだけ、ストレスがない、楽しそうな方を選択すべきということになる。

なので、やや繰り返しになるが、つまらない映画でも、最後まで見ないのが最大のストレス(勿体無い)という人は、そうすればいいことになる。なので、合理的に考える人からすると、バカだなぁとか、時間が勿体無いとか、意味不明とか思うだろうけど、最終的には人間だから、感情が絡むので好みの問題なんだよね、と。

 

だから、結論を言えば、常に好きなようにすればいい、という話に。

だって、普通例えば、好きなようにした結果、あ、間違った、と強烈に思えば思うほど、次回は違う選択の仕方に修正されていくはずなので、こういう考え方に触れるのはいいと思うけど、自然と修正されていくはずである。だから、もし、ずっとつまらない映画でも毎回最後まで見るような人というのは、それである程度満足をしているということなのだろう。

人の好みにウダウダ言ってもしょうがない。そもそも評価基準がそれぞれ違うのだから。拘りたいところの順位が。

なので、それぞれのタイプがあるのだから、何も違うタイプの人の価値観と比較して違うからと言って気にする必要はない。要は、最終的には自己満足の問題。例えば、満足のためにやっているのに、他人の価値観で動いて満足できなければ何の意味もない。

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。