相変わらず怪しげな保険会社Aについて

  

事実について書くので、別に社名を書いても良いんだが、別にそこにダメージを与えたいという程でもなく(呆れ)、なんか少しボカしたほうが文章として面白くなりそうなので、そうすることにした。

で、特徴的なことで言えば、損害保険会社。で、そんな小さいところではありません。昔から業界内では、微妙な評判。と言った感じ。実際に自分もこの世界に入って11年目になるが、悪い思い出がいくつか。なので、今回もああ、やっぱりあそこか、という感じ。なんか吹っかけてきたり、居留守使ったり、とにかくアンフェアな感じ。不誠実ね。

その情報元である、うちのお客さんも、「なんか変な感じだった。トゲがある感じ」とか言っていた。で、聞いたら、Aがつくところ笑

なので、その辺も含めてちょっと助言をしておいた。

 

で、なんだったのか。そのお客さんは、普通に追突をされた結果、体にケガを負った。で、警察には診断書を、と言われていたので、出そうと考えていて、それをあんまよく分からないので、加害者側保険会社Aから、電話があったときにちょっと聞いてみた、と言う具合。

そしたらね、

「診断書を出すかどうかは当事者による話し合いになります」

とか言われたと。

なんだそれ。

ウソはいかんよウソは、キミィ、的な。

なんで診断書を出すのに相手と話し合わねばならんのだ。

だいたい、事故ったら、警察に事実を報告する義務を負っているわけで、もちろん、違反すれば刑事罰も設定されている。

なので、基本的には届けるのが原則なのです。

それを、適当なこと、というかウソを言って届けさせ無いように持っていこうとする辺りは流石Aだなと。

ちなみに、保険会社としても普通届けることを原則としている。警察からも要請を受けている。と聞く。

 

なので、加害者つまり、Aにとってはお客である加害者の免許証が傷つくのに配慮したのかなぁ。でも、ウソはだめだけどね。

あと、届けないと、人身の損害については払ってもらえないかと言えば、絶対に払ってもらえないわけではない。実際、そういうのはいくらでもある。

なので、流石に、届けないように仕向けて、払わない方向に持っていこうとしたとまでは思えないが……。

 

なので、この場合に届けないことで得(?)をするのは、加害者ぐらいなんですよ。免許証のキズとか、あと、車で人ケガさせたら犯罪になるからね、そもそも。

なので、しっかりと、人身事故の事実が公に記録された方が、何か事実関係で争いが起きたときにも、安心なのでね。

というわけで、いまどき信じがたいが、ウソつき保険会社がいるので、気を付けるべし。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。