偽造領収書についてのネット上の反応が、あまりに判りきったことすぎてウケた

  

ネットで「領収書」を購入して、節税したい個人事業主…税理士「絶対にやめて」 – 弁護士ドットコム

ウケるな笑 特にこの部分とか。

ネット上では「何か問題あるのだろうか」などと感想が相次いだ。今後、同様の事態が起きた場合、購入することはやめた方がいいのだろうか。また節税目的で使用した場合には、どんな問題があるのか。

要は、メルカリに領収書が出ていたそうなんだが、この「ネット上では「何か問題あるのだろうか」などと感想が相次いだ。」については、全体の文脈みたいなものが判らないので、どういう意味のコメントなのかは必ずしも不明だが、普通解るだろう、と思ってしまった。そんなことも……みたいな……。

領収書さえ有れば、税金を払わなくて良い!?

わけはない、よね笑

しかも、その領収書さえ、の意味にもよるが、偽造とかしてOKなわけはない。これは、小学生でも説明すれば理解できるだろう。そんなことが許されるのなら、だれも税金を払わないと思わないか?というか、それがOKなら領収書必要にする意味ないだろ。

というように、逆の角度から見てみれば普通に分かる話。

領収書というのは、支出した根拠となるに過ぎず、支出実態がキチントあることが当然の前提。

だから、支出実態がないのに、領収書だけどうにか手に入れたところで、それは単なるごまかしであり、泥棒みたいなもの。

というか、こんなこと判りきっていることなんだが……。

あんまり、バカバカし過ぎたので、書いてみたよ笑

 

なんでも、物事自分の都合のいいように信じ込むのではなく、逆説的に考えると簡単に判ることは多い。そもそも、世の中ってそんな都合のいいようには出来ていなくて、そんなことは、逆説的とかの以前に、ある程度人生やっていれば、判ることだろうに。

この前も、保険料(自動車保険)は、割引(等級)が既に最高になっているとしても、毎回安くなっていくのが当然となぜか思い込んでいる人がいた。

なんで?ポカ~ンみたいな笑

というか、これまでだって散々、上がったり下がったり、いろいろじゃん的な笑

そしたら、分かると思うんだが……。その都度理由を説明しているし。どういう仕組みなのかとかも。

というか、安くなり続けたら最後タダになるわけ?それにとどまらず、逆にマイナス?金を貰えるようになるとか?

なわけなかろう。頭筋肉なんだろうね。

取り敢えず、論理的には考えない。

下がることがあるってことは、上がることもあろう、普通に。というか、世の中ずっと変わらないものはない。あまり変わらないものでも、多少何かしらは変わる。

 

領収書の話から、保険料の話になったが、要は物事、少し論理的に考えれば、判るだろうという話でした。

それで、誰が困るのかとか。誰が損をし誰が得をするのかとか。制度の目的は何なのか?とか。

そしたら、領収書偽造してOKなはずはないことは考える必要もない。というか、そういう人って、偽造だとすら理解していないのかもなぁ……。恐ろしい恐ろしい……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。