火災保険:何年も前の事故でも諦めずに請求してみるといいかもしれない件について

  

結構珍しいケースでしたが、近頃そういうのがありました。

更新の時に、「実は……」となったんですねぇ。

事情により、契約者が変更となったので、対象になるケースや物について改めて、説明をした。で、火災保険は、車庫とかも通常建物扱い、というか、建物の範囲に入るので、その辺りも説明したら、数年前に雪の被害にあっていたことが判明。

もしかして、結構前の事故でも大丈夫ですか?という話になる。

で、大丈夫な可能性もあったので、請求の手続きをとることに。

一応、法律上は、3年で消滅時効にかかるんだが、保険会社に聞いたら時効援用は基本的にはせず、出来るだけ通常通り、対象の事故であれば払う方向で対応するという返事を確認。

だもんで、時効の件は考える必要はなくなり、あとは、通常の場合と同じく、損害の確認が可能かどうかと言う点のみがポイントとなったのであった。

 

で、結論は、大丈夫でした。幸いにも、撤去も修理もしておらず、そして、事故当時の写真もあった。だから、年数は経っていても、通常の請求となんら変わりはなかった。

で、保険金もまとまった額認定されたし、良かったんじゃないでしょうか。

見積もりや写真なんかも、メールで送ったので、より結論が出るまで早かった。

 

というわけで、前の事故でも、請求可能なケースはあるので、あったら諦めずに請求してみてはいかがでしょうか。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。