事故の示談交渉に相手側保険会社ではなくその代理店が連絡をよこした!?弁護士を頼むべきか?

  

最近、このブログに質問みたいな相談みたいなのが来たんだが、何を聞きたいのかなんだかよく分かんない感じの文面だったのでスルーしてしまった。

あと、自分に仕事を頼みたい感じではなく、取り敢えず聞いてみたいような感じでもあったのもある。でたっ(驚)‼みたいな笑 自分は、お人好しの便利屋ではないので、意味不明だし、答える気も起きなかったためスルーに。

で、今回は最近ブログ更新をしていなかったので、その時の質問についてでも書くか、と思い書いてみることにした。他にも知りたい人はいそうなので。

まあ、これまでも似たようなことは書いているかとは思うが、別にいいでしょ。細々とも覚えていないし。

で、その質問について。

内容は、

・事故の質問だった

・自動車同士の交通事故

・上手く話が進まない

・少し特殊なケースに発展したので少し心配、みたいな

・なので、弁護士を頼もうかと……

というような感じ。

はじめはね、話し合い(示談交渉)が上手く進まないんだけど、どうすればいいですか?という感じかと思った。しかし、読み進めていくと、そうではなかった。

じゃあ何が問題なの?という感じてしかなく、結構それ関係ある?的なのが多く書いてあった。

なんかね、はじめに主張が、真っ向から対立したんだって。双方責任が発生するようなケースだったようだが、相手は全く賠償には応じない、自分は悪くないという感じだったそうな。

で、その後担当の代理店を通じて、自分の主張と近いぐらいの内容で示談の提案があった。

で、その提案内容については、特にとんでもないとか言っているわけでもなかった。なので、じゃあそれでいいじゃん的にも自分は思った。納得出来ないなら、もう少し交渉するか、訴訟かという感じにはなるだろうが。しかし、大して双方の主張に差が無いなら、最悪間取るとか、相手の提案内容で我慢するとかが現実的だろうし、実際合理的でもあるだろうとも思うが。訴訟しても結果は判らないからね、というのがポイント。ならば、近いのなら、という感じ。

で、質問的には、代理店が連絡をよこしたことに、不安を感じているようだった。なので、弁護士特約があるから、それでもって弁護士を頼もうと考えている、という話だった。で、なぜか、既に加入の保険会社からはその弁護士特約を使うことが可能という回答を得ているという話なのに、自分にも、可能でしょうか?とか質問が書いてあったが……。意味不明。

保険会社が、可能と回答しているのなら、それでその人の希望する選択が可能となっているわけで、何も問題は起きていない。なので、なぜ自分に、という感じでしかなかった。しかも、自分は何?という感じも。自分は、その保険会社でも裁判所でもないのだが……。なので、回答するにしても、一般論としてだけに……。

内容そんな感じ。

で、こういう質問に対して、思うことは、弁護士いらねーべ、ということ。別に話がまとまればいいだけなんだから。まとまらなくて例えば訴訟したいときとかに、検討するようなもの。

あと、その背景は、保険会社ではなく代理店が、連絡をよこしたということがあったようだが、それについて、普通と違うのでは、とか、違法性があるのではとか、を考え心配し、弁護士を、と考えていたようだった。

で、それについて言えば普通は、代理店が直接連絡はしない。しかし、直接連絡したからと言って直ちに違法というものではない。しかも、保険会社→代理店→ユーザーという流れでも、代理店→ユーザー、そして、代理店→保険会社に保険金としてのokを取るという順序でも実質は同じだし。

要するに非弁行為(弁護士法72条、当然違反すれば懲役あり)を言っているんだろうが、繰り返しになるが、それは直ちに今回の件でアウトとなるわけではないし、仮に非弁だとして、それは、その代理店の人と、取締当局とかの問題であって、双方の示談交渉としては特に関係がない。あと、弁護士会の縄張り意識もあるかな。

要は、示談がまとまって、相手が、その内容の通り履行(賠償)してくれればさえいいわけだから。それについて、心配だから、弁護士を頼むとか、意味不明。しかも、保険を使うなら、実際は、保険会社が払うわけだし、使わないなら、相手が、自腹で払うって点は、誰が連絡を寄越しているとか関係なく同じ。あくまで当事者は、運転していた2人、なのだから。

というわけで、自分のお客さんが、同様のケースになり、相談を受けたならば、こういうような話をするだろう。

しかし、自分あたりにこういうイミフな相談が来ること自体が、その人の入っている保険会社の担当者のレベルが判る。じゃなければ来ないはず。

ま、そんなもんだろうな……とは思うが……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。