今年は、23年ぶりに花粉症で病院にかからずに済んだ

  

えーと少し早めだが、結論づけてしまいます。例年、自分は、4月の末~7月の海の日あたり(梅雨明けあたり)まで、花粉症の、アレルギー症状にかかる。

くしゃみやら、目のかゆみやら、鼻水やらで、約3ヶ月間苦しむ。

なので、この23年間は、毎年病院に行き、薬を処方して貰ってきたのだ。

しかし、今シーズンは、違った。

もちろん、全く症状が出なかったわけではない。

出たには出たが、そう酷くならずに済、そして、治まった。

 

実は、以前から、もしや、と思うような節はあったんだよな。

なぜかと言うと、薬を飲んだからと言って、いつでも、それで治まっていたわけではなかったから。

本当に酷くなると、全くと言ってもいいほどに、効果を感じれないときもあった。それは、毎シーズンそうだった。

なので、もしかして……と思っていたりもした。

 

でね、今回は、昨年も結構そうだったけど、より一層体調管理を徹底した。最優先に取り組んだと言ってもいい。ほぼほぼそうだったね。

調子が悪ければ、出来るだけいち早く、体を休め回復に努めた。そういうことに優先的に時間を使った。

あと、これもかなり大きいと思うのが、昨シーズンは利用していなかった、栄養剤的なサプリみたいなやつを、今年は利用している。これは、昨年の11月頃からだったかな。

とても、いいものなので、以来ずっと利用し続けている。

あとは、これは、昨シーズンもだったが、この7月で、3日にいっぺん筋トレをするようになって、2年が経つ。昨シーズンまでよりも体力がついたり、少し体質が改善されている可能性も。

 

というわけで、思い当たる点と言えば、

1 徹底した体調管理

2 栄養剤

3 筋トレ

の3点。

うち、特に2番めは昨シーズンとは明らかな違いだし、1つめも昨シーズンよりもかなり徹底した。その徹底度合いは、大分違う。

あ、あと、今シーズンは、酒の飲み方も途中からだが変えた。これは、やらなくても花粉症の症状については問題なかったと思われるが、よりそこにも役立ったと思われる。

昨シーズンまでも含め、以前は、ほぼ毎晩ぐらい、ガブガブやっていたわけだが、今シーズンの途中からは、飲んでも適量の範囲内。ほとんどのケースでそのぐらいに収めた。あるいは、飲まない日もしばしば。そしたら、当然日々の体調は、いい方向に行き、以前よりも良い日が増え、悪くても以前から見れば度合いが軽くなった。つまり、全体に、良くなった、と言う感じです。

 

なので、結局、総合的な勝利なんだろうけど、それぞれ効果はあり、役立ったと思われるので、花粉症に悩まされている人には部分的にでも役立つと思う。なので、良かったら参考にしてみてください。

結局、大人になってくると、体に悪いことばっかり、平気でやったりするからね……。そしたら、変なことにもなってくるのも、必然なんだよね……。

まあ、自分の場合は、体調管理という概念が、これまであまりなかったというのも大きいと思うが……。

以上良かったら、参考にしてください。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。