ソニー生命の社員(当時)が正式な申込書類を使い、客から巧妙に騙し盗る!?

   2017/10/19 

ソニー生命の元社員 架空の保険で6人から総額1億円超をだまし取る – ライブドアニュース

ソニー生命で、詐欺事件のようです。

保険業界では、割りとありがちのケースではあるんですが、今回のもそういうの。

ソニー生命の当時社員は、存在していない保険商品をあるものとして装い、計6人の顧客から、金をだまし取ったということ。

総額で、1億3,500万以上にのぼるようで、そういった活動をしていた期間は、8年間程度。2009年からやっていたそうです。

で、あと、印象的だったのは、この活動を行うにあたって、「会社の正式な申込書類を使い客を信じ込ませ」という点。

正式な申込書類だそうです。ここまでのケースは過去に聞いたことがない気がします。だんだんやり方が巧妙になってきたわけか。必然と言えばそう思うけど。

まあ、今時はいくらでも、電子ファイルとかを加工することは簡単だからねぇ……。逆に言えば、そうならない方が逆に変な話で、繰り返しになるが、必然の流れでしかない……。

 

なので、これはあと、ソニー生命の賠償責任あるいは、同社の任意的な対応含め、どうなるのか、どうするのかが注目されるところ。全く、社員でも何でもないその辺のおっさんが、超勝手に一方的に装ってやった場合は、通常、知らぬ存ぜぬで、法的には通るだろうし、ソニーとしてもそうするだろうけど、今回のは、「当時社員」が、正式な申込書類を使って、だからね。その他の説明資料等も正式なもので、ユーザー側として疑いようの無いものだったとしたら、責任を負わざるを得ないだろうね。もちろん、任意にもそうだが、法的にも。

あとは、入金の流れぐらいか。ソニー生命と書いてある領収書を持っているのか。あるいは、当時社員の個人口座への振込票とかなのか。その場合、なんの名目かは若干ぼやけるが、しかし、契約書類の控え等があれば、保険料名目と認定せざるを得ないだろうな。

いずれにしても、企業イメージもあるし、ソニー生命では出来るだけ責任を取る方向に行くのでしょう。

 

しかしまあ、総額で、判明しているだけで、1億3,500万くらい。うーーーん、事情は人それぞれで、多重債務とかで、金に忙しかったのかもしれないが、やりたい!?という感じ。

もしも、上手く行ったとしても、1億3,500万。それもってどっかトンズラするにしても、中途半端な額だよな。まあでも、豪遊とかしなければ、300万ずつとかなら、結構もつか……。運用しても、普通に暮らしていく程度なら……。

まあでも、自分はやる気にならないな。そんな詐偽とかやるぐらいなら、細々と暮らしたほうがマシだわ。

 

しかしまあ、保険会社も大変ね……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。