某通販型自動車保険の車両保険の評価基準が大雑把すぎというか、極端すぎて驚いた件

  

えーとね、聞いたまま言いますと、三井ダイレクトさん、だそうです。最近、新しいお客さんが増えたんですが、その人と取引を開始する経緯が、三井ダイレクトさんの評価基準。

普通は、市場相場を反映するんですが、なんかあそこは、必ずしもそうではないみたい。

聞いたところ、そのお客さんは、かなり丁寧に問い合せをし、確認をとったそうですが、車のそもそもの値段(新車時なので定価かと)が、300万以下か超かの2種類で、一律に、10年経っているものは、前者が、10万で後者が20万で評価するそうです。

従って、別にそれでいい人には、不満は無いんでしょうが、10年経っても、元々高価な車ですとか、市場で人気のものは、それなりに値がつきます。となると、中古車とかそれなりに出して買っている人は、特に珍しくはない。

というか、10年で10万とか20万って超一律すぎだと普通に思う。日々仕事してたって、10年以上経っている車は普通にあり、10万とか20万よりも評価額が付くケースは普通にある。ごく普通に。

 

だもんで、そのお客さんは、まず、いくら車両保険入れますか?という感じだったんだが、普通に10万とか20万どころではなく評価額がついた。これが、三井ダイレクトだと10万とか20万とかしか入れなかった、という話。

 

なんだそれ。

 

というかね、評価額って、そんな各社好き勝手設定したら可笑しいんだよ。評価基準。

ちなみに、その人のは評価額200万くらい。なので、最大で、その辺までは補償される、と。

一方、三井ダイレクト。面倒なんで、さん、省略で。三井ダイレクトだと、20万とかだよ。

なんで、10倍も違うわけ。

同じ、法制度、法規制でやっている許認可事業。決して、飲食店や小売店が、自分とこの商品やサービスの値を自由に決める、という種のものではございません。

あくまでも、損害保険についての法律などの枠内で、やる自由しか無い。

だから、厳密に言えば、三井ダイレクトで引受ている契約の車両保険は、いわゆる一部保険がたくさんあるのかもね。

評価可笑しいもの。

正しく評価をして、その額入らないと、一部保険となるのよ。最近だと、火災とか例外はありますが。

つまり、事故がある

損害額が例えば、15万としよう

本当の適正な評価額は200万なのに、著しく少ない額である、20万とかしか入っていなかった

その場合、

15万円(損害額)×20万円(入ってる額)/200万円(評価額)

とかなるため、

その場合、15万×1/10だから、

15千円しかでない、ということに。

 

こういうの、昔火災保険で問題になったんだよね。で、車両保険は、家じゃないんだけど、火災保険と同じ性質のものだから。業界では、物保険とか言うんだけど。

だから、あそこは、怪しいというか、ちゃんとやっていない可能性が濃く感じました。

逆に言うと、本来、15千円しか払えないものを、15万払っている可能性もある。

これ完全に問題有り、だよね。法律上原因なく、余計に金払うわけだから。他のユーザーに対しての不利益ということもあるし。そもそもキチンと保険会社として機能していなく、完全に業務改善命令ものとかかと。

 

まあ、なんでも良いけど、三井ダイレクトでは、10年経つと、一律、10万か20万しか車両保険、入れないらしいんで、入りたい人は考えたほうが良いかもね。

しかし、いくらなんでも、10年で一律10か20はありえねーだろ。

一千万の高級車が、10年後には補償20万ってことだからな。極端な話、数千万の車でも……。

なんなのあそこ、別に付き合いないけど、そういういい加減だと、業界や保険自体がいい加減と思われかねないので、結構業界人としては迷惑千万な感じではある。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。