なぜ保険会社は事故の被害者から不満の声が上がるんですか?

  

っというのを今回は行きます。

まあ、昔からではありますが、ネットでも直近の年末とか結構加熱気味だったりもしますね。

ある記事では、加入者だけではなく、被害者にも手厚くあってほしいものです、みたいにも書いてありましたが。

では、なぜそういう声が上がってしまうのか。そういうイメージが少なからず?あるのかについて。

考えるに、

  • 交通事故の専門性(分かりにくさ)
  • 保険の専門性(分かりにくさ)
  • 加入者側だから
  • 商売でやってる民間業者だから
  • 保険会社の人のコミュニケーション能力が、低い人が少なく無い(会話の能力)

というくらいが大体主なところかと。

これ、全部一個一個ガッツリやってると物凄い分量になりそうなので、多少ダイジェストな感じで行きますが、そもそも、マニアックなものなんですよね。

法律とかかなり絡みますし、なので、それをまず知らないと、なぜ?となり易い。その辺りも丁寧に説明出来れば、大分マシになるかもだけど、そんなこと出来る人は保険会社では見たことが無いです。残念ながら。

あと、立場ね。立ち位置。保険会社はどういう立ち位置なのか?も誤解され易い。よく、被害者側の人が、保険金って表現してることあるけど、被害者からしたら、保険金では無く賠償金だからね。

加入者からしたら保険金だけど。加入者経由しないで、直で行くのが、普通だったりするから、あれだけど、保険は加入者が入ってるもので、お金に色は無い。

加入者がどういう手段で払っても、被害者からしたら同じ名目の金。なので、保険から出た金で賠償してるってだけで、別に、預金で払っても、借りてきて払っても、基本同じ。なので、被害者からすると保険金ではありません。

たまたま、加入者がそれで用意しただけ。そして、真っ直ぐ行っただけ、という。と言うか、若干ややこしいが、色は無いんだから、例えば預金から払って、保険会社から出たやつ、預金しても、同じと言うか、区別は無いというか、単に作業的な、どっちでも相手からしたら同じです。それは、加入者の内側の中の話。金の工面の。

だから、若干脱線気味だが、本来、被害者が保険会社はけしからんと言うのは、ズレてるんだよね。

あくまで、保険から出る金額はって話だから、たんなければあとは加入者本人との問題。本来的に言えば。

まあただ、実際は、法律上妥当な範囲でかつ出来るだけ最低限でやろうとするので、本人に請求するにも限界があるでしょうが。あと、この場合の保険会社の保険金は、契約上、法律上妥当な範囲と言うのが、通常なので、合法的にやっているわけです。

従って、被害者の言い値でとは当然ならないわけです。

あとは、あくまで加入者側なんですよね。そしたら、まあ、言っちゃぁなんですが、被害者側では無いので、被害者の味方、被害者に優しいみたいには通常なりようが無いわけです。残念ながら。被害者としては困るでしょうが。

言ったら、極端な話、相手側弁護士が、自分に優しいと思いますか?という話。通常、雇い主のために働く、傭兵ですからね。

それと、商売でやってます。株主配当もしないといけない。株価も気になる。経営の問題もある。

そしたら、そんな大盤振る舞いするような方向の力とは逆の方に力が働きますよね。上述の加入者側というところともリンクして来ますが。被害者側からの評価よりも加入者からの評価の方が気になるのが通常でしょう。

あとついでに言えば、仮に現状よりも多く、それこそ弁護士会基準(裁判基準)で払うように変わりました。物損も今よりも何かと多く払えるようになって払うようになった、とします。

そうすると、その分グッと保険料、全体的に上がりますよ。それでよろしいのですか?という問題もあります。

なので、お互いという面はあるのです。

あとは、車が古かったりすると、時価が低くなるので、修理するのに十分じゃ無かったりとか、ですかね。これは、結構ご存知だったりもしますが、みなさん。

これもね、最終的にはキチンとするには法改正しかないんじゃないかな、と。だって、法的な責任が無いわけだから現状。したら、支払い義務も請求権も無いわけで・・・なかなか厳しいのです。

というわけで、コミュニケーション能力は、訓練次第で向上は期待できるかもですが、あとは、法律で制度化しないと、なかなかなかなか困難で、現状のままでしょうな。

以上、自分が考える、なぜ不満の声が上がるのか?でした


※ わたくしめに何か質問をしたい。書いてほしいテーマ(保険に関することで)の記事がある、という方は、お気軽にコメント欄に書き込んでください。内容見て、記事を書きたいと思います。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。