もう大分経っていますが地震保険の請求は可能でしょうか?

  

っというのを今回やって行きます。たまにこの手の問い合わせがありますので。

そて、実際のところどうなのでしょうか。本来は、一定期間経過すると、消滅時効という制度があるので、要件を満たせば、保険会社はその権利を行使し、保険金の支払いに応じないことも出来ます。法制度上は。

ですが、自分の知る限りや、自分の方だと、それをやったという話は、聞いたことがありません。実際。

やはり、昔からの慣習だったり、商売でやっているので、長期的に考えてそれをやろうという流れにならない、ということなのかもしれません。実際にどこにも確認は取っていませんが。

ですので、これまでの実績としても、明らかに、時効援用(権利行使)可能であろう、と考えられるケースもありましたが、問い合わせると、いずれも請求可能、請求に応じる、という回答になり、通常通り、そんなに経っていないケースと同様の手続きとなり、結果、保険金が、出たのでした。

もちろん、手続きの結果、対象外となったり、損害の確認が不可能となれば、保険金は出ないことは、何年も経っていようが、いまいが同じことではありますが。

ですので、例えば、地震の被害にあったけど、既にきれいに直してしまっていて、直す前の写真なども無い、もしくは十分には無い、となり、損害の確認のしようが無い、となれば、=保険金も払いようがないわけです。対象とも対象外とも判断のつけようが無い。つまり、事故があったこと自体判定出来ないのです。

まさに、消えた年金問題状態。もう結構古い話にはなりますが、事故があったと口だけで言われても、実際にその事実を確認できるもの、証明できるものが、無ければ、判定できないわけです。

っというわけで、結構経っていても請求出来る可能性はありますので、やってみるのは一つです。ただ、既に繰り返し述べてきたように、結果、保険金が出るかどうかは別の話です。損害がちゃんと確認可能か。そもそも対象のケースか。

なので、やはり時間が経つほどハードルも上がると思われるので、加入内容をちゃんと把握し、事故があったら、できるだけ早く請求するようにした方が無難でしょう。


※ わたくしめに何か質問をしたい。書いてほしいテーマ(保険に関することで)の記事がある、という方は、お気軽にコメント欄に書き込んでください。内容見て、記事を書きたいと思います。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。