建物を相続しました。火災保険を掛けたほうがいいですよね?

  

という質問を先日いただきました。

人というのは、予め欲しい答えが決まっていたりすることが多々あるもので、その時もそのように感じたものです。笑

真面目に質問に答えても、繰り返し同じような質問をされ、回答をある方向に誘導して来ている感じで、その人の欲しい回答ではない回答になったせいか、少しご機嫌斜めな感じで、繰り返し言ってこられた感じでした笑

まあ、いいんですけど、質問はタイトルにあるように、建物を相続したんだそうです。

で、複数名で相続したそうで、複数名で所有することに。その中で意見が割れたようで、それで、相談を頂いた経緯のようでした。

なので、率直に何があるか分からないから、火災保険掛けといたほうがいいですよね?という感じの質問を繰り返し受けましたと。笑

で、自分はどう答えたか。

タダではありませんので、絶対的な正解はありません。もしも、あったときに、保険金が出た方がいいのなら、入った方がいいでしょうし、そうでも無ければ、そうでも無いです。

当然、保険をかけても、絶対事故にあうわけではありません。むしろ確率的には小さいです。要は賭けの仕組みですから。

と答えました。実際は、会話をしながらなので、一気に言ったわけではありませんが。

あんまり、何度も入っといた方が良いですよね?と言ってこられるので、タダなら。笑 タダではありませんので。実際賭けの仕組みですので、絶対はありませんし、正直、賭けの仕組みである以上、合理性から言えば、出来るだけ少なく入る。入らなくて済むなら出来るだけ入らないのが、長期的には得になる可能性が高い。それが通常です、と説明しました。

もちろん、そういう次元ではなく、損得よりも何か安心感を得たいとか、分が悪くても賭けをしたいとかなら入っとけばいいわけですが。

というわけで、絶対的な正解はありません。入らなくても困らないようなら入らなくていいでしょうし、ゼロは流石に極端だなぁと思うなら、どの程度入るか検討すれば良いのです。


※ わたくしめに何か質問をしたい。書いてほしいテーマ(保険に関することで)の記事がある、という方は、お気軽にコメント欄に書き込んでください。内容見て、記事を書きたいと思います。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。