子供が生まれました。みんな学資保険に入っているようですが、入った方がいいのでしょうか?

  

という質問をいただきました。

どんぐらい入っているのかは定かではありませんが、

子供が生まれたら、学資保険

というイメージは以前ありましたね。しかし、ほんと良くまあ、特に郵便局ですがそういうイメージが付くぐらい流行らせたもんですねぇ。して、今は業務停止ですか・・・それもかなりエグい感じで。

さておき、私の回答は、

すすめません

という回答をしました。なぜかと言うと、メリットよりもデメリットのほうが圧倒的に多いからです。通常、合理的に考えた場合。

もちろん、その人によっては、好みや前提によっては、あり、となるケースもあるでしょう。ただやっぱり、デメが多いんですよね。

だってあれ20年くらい寝かすと言うか、払い続けるわけじゃないですか。30年も前の20年ならあれですが、今どきの20年って凄くないですか?

仕事もテクノロジーも経済も政治も全く想像もつかない。変化も超激しい。3年先でもなかなか変化してそう。下手すると1年で。いや、半年でも・・・

そうした場合、途中で入用になるとか大いに普通に考えられる。が、しかし、中途解約は、元本割れ、契約者貸付は利息が。

ここが非常にデメと考える大きな点です。

あと、運用益ですが、最近は全くチェックしていませんが、何年か前でも、20何年で1割とか1割五分。2割ってとこもありましたかね。

まあ、どっちにしてもそんなもんです。20年ですよ。何度も言いますが、みなさん。大したことはありませんよね。

まあ、百歩譲って「わたし、運用とかよくわかんないんです。だから、銀行預金よりマシならいいかなって・・・」って人は一見いいかもと思いがちかもしれませんが、待ってください。

そこはいいとしましょう。その前に言った、中途解約による元本割れリスクが大きいのです。マイナスになるわけですよ。通常なかなかの。自分もそれをやりました。実際。それでも違う方法に切り替えたかった。それでもメリットがあったので、そうしました。

それであれば、銀行預金の方が断然マシというのが自分の意見。だもんで、その人には、国債とか定期預金とか、インデックスファンドとかそういうのの方が、学資よりはいいと思う、と話しました。

国債と、定期預金とインデックスファンドでは、結構違いますが、そこは、何に重きを置くかという話なので。

しかし、いずれの場合でも、学資保険よりも遥かにいい選択肢だと思います。しかも、今なんてマイナス金利ですから、以前よりも学資保険は率が悪いことでしょう。

ほんと、インデックスファンドとか分からないから嫌、と言うなら、国債でも買っときゃいいでしょうし、それも嫌、なら、増えるメリットはほぼ無いでしょうが、定期預金のほうが完全にマシ。入用になった時、元本割れのリスクが無いから。

そしたら、その人も学資保険には入らないと言っていました。

だいたい、生保会社なんて、以前はほとんど国債で運用して、儲けた一部をユーザーに払う感じだったわけで。そしたら、生保会社に金払わずに、生保会社と同じように、国債買ったほうがいい(合理的)に決まってんだよな・・・

まあ今は、外債か外株?も買ってんのかな?定かじゃないけど、海外の債権とかも日本国債が微妙だから買ってるとかって話だったはず。

大した運用益が無い割に、元本割れリスクがでかい、ある、というのがダメですね。完全に。

これ、めちゃめちゃ運用益が大きいとか、尚且、元本割れはしない、しても小さい、とかなら大分評価が変わるんですが、それは、保険会社の商品的には難しいでしょうね。そんな都合のいいものは。しかし、20年は流石に長いですがね・・・

住宅ローンかよ、みたいな。

よく考えましょう。


※ わたくしめに何か質問をしたい。書いてほしいテーマ(保険に関することで)の記事がある、という方は、お気軽にコメント欄に書き込んでください。内容見て、記事を書きたいと思います。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。